Search

アブサンとベルエポック

Small Axe Inc. / Absinthe/アブサン  / アブサンとベルエポック

アブサンとベルエポック

今日はだいぶ時間をさかのぼったアブサンのお話です。

アブサンスプーンの「ロートレック」をデザインした、アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレックが生きた時代、「ベル・エポック」のアブサンを今宵は堪能しませんか?

映画「フレンチ・カンカン」です。舞台はフランス、パリ、モンマルトル、「ムーラン・ルージュ」。今では映画「アメリ」で有名なモンマルトルですが、ロートレックやピカソなどまだ売れない芸術家たちが生活し、ブルジョアたちとはかけはなれた庶民が暮らし、また夜はきらびやかな歓楽街であったのです。ロートレックはキャバレーのポスターをよく書いていたたことでも有名ですね。お酒では、ムーラン・ルージュのようなキャバレーでは、シャンパンやワインなどが飲まれていたようです。が・・・・・・

街角ではアブサンが大人気でした。庶民に根付いた飲み物なんですね。アブサンとは。たいていのカフェでは、水をカラフェに入れてサーブされていたようです。

有名人が愛したお酒「アブサン」としての認知が高いのですが、このベル・エポックの半狂乱のなかで、パリのカフェで庶民たちがアブサンを飲んでいる姿を思いながら今日は飲みます、アブサンを!

error: Content is protected !!