Search

Sauvage Absinthe 1804

Small Axe Inc. / Absinthe/アブサン  / Sauvage Absinthe 1804

Sauvage Absinthe 1804

Sauvage Absinthe 1804

We have been listening about the new Emile Pernot Distillerie project since last year . And finally we had a chance to try it last month .  The Absinthe SAUVAGE 1804 .

“Sauvage” in French means wild or uncultivated . The name completly makes sense since Emile Pernot used the wild grown wormwood found in the mountains of Jura in France .  It must had been a hard process to find , cut and collect the enough amount of wormwood  located sporadic in the rocks of the mountains . Probably Dr Ordinaire (invertor of the Absinthe ) should had done the same hard work in the early days of absinthe over 200 years ago , before disttileries started to cultivated the wormwood in fields .

私たちは昨年からエミール・ペルノ蒸留所の新しいプロジェクトの話を聞いていました。そしてついに先月、それを試す機会がありました。  アブサン SAUVAGE 1804 。

フランス語で “Sauvage “とは、野生のものや未栽培のものを意味します。エミール・ペルノがフランスのジュラ山脈で発見された野生のヨモギを使用していたので、名前は完全に理にかなっています。  山の岩の中に散在しているヨモギを見つけ、切り取り、十分な量のヨモギを集めるのは大変な作業だったに違いありません。おそらく、200年以上前のアブサンの初期の頃、ディスティラリーが畑でヨモギを栽培し始める前に、オルディネール博士(アブサンの転生者)が同じようなハードワークをしていたはずです。

 

The recipe used was taken from a never commercialized 1804 manuscript in the Oxygenee collection .What makes the absinthe Sauvage 2 times special .

But that’s not all . Sauvage absinthe had been matured for 18 months ,  something different since usually others absinthe are bottleled within at most one or two months of distillation .

ソーバージュのアブサンは18ヶ月間熟成されており、通常、他のアブサンは蒸留後1~2ヶ月で瓶詰めされるので、何かが違っていました。

 

 

 

 

 

 

After the bottle was open , all the floral aroma filled the place .  The louche was slow and pleasent with which drop making a smoky little line towards the edge of the glass . The color was a not too heavy white greenysh like some absinthes but at the same time not too light . A wonderfull taste with the right balance of sweeteness and bitterness after taste . An extreme good absinthe .

ボトルを開けた後、すべての花の香りが場所を満たしましたた。  ルーシュはゆっくりと、グラスの端に向かってスモーキーな小さなラインを作っているドロップで気持ちの良いものでした。色は、いくつかのアブサントのような重すぎない白の緑だったが、同時にあまり軽くない。甘みと苦みのバランスが絶妙な味わい。非常に良いアブサンです。

 

Cheers for Sauvage !!!! Bar Trench

error: Content is protected !!