Search
 

News & Blog

出張アブサンバーレポート/Pop up Absinthe Bar at Nomadic Kitchen

ROGERIO’S STYLE OF MIXING ABSINTHE DRINKS IN ” NOMADIC KITCHEN”去る5/26、27、原宿のVacantにて“nomadic kitchen"というイベントが開催されました。 料理研究家の野村友里さんが中心となり、企画されたもの。当日はラム肉のハンバーガーのプレートのみのメニュー。それに合わせ、アブサンのカクテルが数種類出されました。 店内には、アブサン・ワールドの雰囲気が伝わってくる展示を行いました。 アブサンを知らなかった方たちが多く、興味津々にアブサンについての話に聞き入っていました。 この日のスペシャルカクテルメニューは”アブサン酵素カクテル”です。 酵素とは、こちら☞wikipedia簡単に言うと、発酵という形で酵素を得、健康維持などに利用しています。 こちらが野村さんが作った酵素の元(右の大きなガラスビン)で、ピンクの液体が抽出したもの。ビーツ由来の美しい自然な発色にみなさん驚いていました。 この酵素とアブサンを組み合わせたカクテルを、Bar TRENCHのMr.Rが考案しました。 鮮やかな酵素のピンク色とフレッシュハーブのローズマリーのグリーンの組み合わせがとてもきれいです! みなさん、”ラム肉バーガー”とアブサン酵素カクテルで、ゆったりとした午後の時間をすごしていました。 また、Littele Nap Coffee Stand からは、”アブサン入りコーヒー”が登場!こちらも大人気でした。 Absinthe Party ”Green Hour”のように妖しい雰囲気のなか楽しむアブサンも良いですが、たまには昼間から太陽の照る下、心地よい風に吹かれながら飲むアブサンもまた格別です。急遽PEPE Californiaのライブショーもカウンター奥で開催されとてもぜいたくな週末の午後となりました。 お越しいただいた皆様、ありがとうございました! Nomadic Kitchen サイト http://vacant1f.n0idea.com/VACANT_1F/home.html 原宿VACANT http://www.n0idea.com/ 野村友里さんHP http://www.babajiji.com/ ...

Nomadic KitchenにBar Trenchチームが参加します

“POP UP RESTAURANT” ~ Lamb Burger + Absinthe Bar + Enzyme~ 5/26 (SAT) & 5/27 (SUN) 14:00 ~ 18:00 at VACANT  (東京都渋谷区神宮前3-20-13) 野村友里さん主宰のNomadic KitchenにBar Trenchチームが参加します お昼からラムのバーガープレートとアブサン、 アブサンカクテルが飲めるイベントです。 ———————————— 食を知ることで人や土地や文化がぐっと身体の中に入っていく。強くそしてしなやかに繋がってゆく。気持ちや価値感を共有できる料理人達がそんな役割の ひとつになれたら、そんな喜びはないと思う。その気持ちの表れと行動が“nomadic kitchen” です。言葉が異なっても、通じる普遍的な “食”。食のあるところに人が集い文化が生まれると信じる私達。その環境でしか得られない食材をいかし料理人の感性といただく人で成り立つノマディック・キッチンに 是非いらしてください。野村友里 ————————————– Nomadic Kitchen サイト http://vacant1f.n0idea.com/VACANT_1F/home.html Vacant ホームページ http://www.n0idea.com/ Bar Tram...

アブサンティアード2011 ポンタルリエ訪問記

アブサンティアード会場の様子です。こちらは、入り口のサイン。 受付、大人は2ユーロでアブサン一杯付きです。 この建物を模したアブサンスプーン ニガヨモギと小型の蒸留器 会場内のいたるところにニガヨモギが配されています。 アブサン関連商品のアンティーク蚤の市コーナー、 試飲ブース、アブサンのお菓子コーナー、アブサンツアーの案内所などなど アブサンチョコレート フランソワギーアブサンが液体のまま入っています。 美味しいです。 アブサンフレーバーのマカロン モダンで高級なファウンテン。 高嶺の花です。 100年前、禁止前のデッドストック、プレバンアブサン 当時もののアブサンスプーン 一見同じように見えても かなりいろんなバージョンがあります。 同型でも金属の厚みが違ったり、 銀製だったり。 初めてみたファウンテンのタップの先の細工 しかも6口です。 アンティーク屋さんによると 当時の所有者が改造したのではないか? とのことでした。 ポータブルなファウンテンのボックスセット これはかなりのレアアイテム 非売品でした。 蛇口はひとつのタイプ TERMINUS ABSINTHEのノベルティーのようです。 ビンテージのアブサングラス類 角砂糖をカットするハサミ 大セールコーナー ちょっと錆びてるのが多いが 新品よりも安い? またヨモギ コンテストの準備中 一般部門の審査がもう少しで始まります。  いったん会場を後にし、 美しいポンタリエの町を散歩しながら、 フランソワギー蒸溜所へ向かいます。  "The Art of Drinking"  Bar Tram & Trench (i) ...

error: Content is protected !!