Search
 

News & Blog

Joe Strummer R.I.P.

8年前のちょうど今頃 ジョーストラマーの訃報をネットで見つけショックを受けたとともにまさかそんなはずはあるまいと何度も言い聞かせました。何故なら、そのわずかひと月前にロンドンのアクトンタウンシアターで初めて見た メスカレーロスのライブでは彼は枯れているどころか、 エネルギーに満ちあふれたパフォーマンスを見せてくれ、 死からはほど遠い世界にいるのを体感したばかりだったからです。 たまたま約一週間ほど訪れていたロンドンで 消防士たちやら地下鉄やらがストライキをしているさなか、 苦労して探し当てた会場はロンドン中心地から少しはなれた、 田舎の公民館、といった風情の建物。こんなところで 本当にクラッシュのジョーが演奏するんだろうか? 念のため2時間前に乗り込んだ会場、客席への階段を昇りつつ 踊り場で談笑しているグループを 見るともなしに見ると白人数人の中に、あれっ本人?ジョー?ジョー!! 当時独立開業のため、それまでいた職場をやめて無職の状態でのヨーロッパ旅行。 ”僕はあなたのおかげで、、、あなたが私の人生を変え、、、”なんて、 かつて何千、何万人が彼に伝えたであろうせりふを 思わず口にしそうになって、こらえました。 ジョーはパンクロックとは 偉大とされている芸術家なんかより 普通の人、それぞれの一個人のほうが貴重で大事で可能性だってあるんだってことを アートフォームとして表現した世界ではじめてのムーブメントだったと定義していました。(そしてそのムーブメントに参加できたことを誇りに思うと語っていました。)いわゆるアーティストとオーディエンスとのピラミッド関係を ひっくり返す提示をすることに献身したわけです。 ”Everybody is a star”スライストーンの歌にもありますが"Every man &woman is a star." このフレーズは今回の会場にも いろんな場所に掲げられており、 ジョーが若かりし頃”俺をスター扱いするな!”と言っていた真意だと思います。 (女性への言及もするあたりの配慮から、一貫性だけでなく成熟も感じました。) ゆえにいつかジョーとどこかで会ったときには真のクラッシュファンたるもの サインなんかねだらずに、胸を張って対等に話ができる自分をつくるのが彼に対する最大の賛辞である、と心に決めていたのですが、 そのときがふいにやって来てしまいました。 しかし少し早すぎました。 『今僕はあなたの影響をうけて日本の東京のまんなか、 渋谷の恵比寿っていうところでBarをやっているんだよ。 東京に来たらぜひ寄ってください。』 そう言えたらどんなによかったろうと思いますが、 Bar Tramがオープンするのはそれから半年後になります。 そして彼の急逝によりその実現は不可能なものとなってしまいました。 消防士たち、仕事でけがをしたりなくなってしまった人や その遺族たちの待遇改善ために ノーギャラで引き受けたと思われるそのチャリティーライブはすばらしく、 約20年ぶりにミックジョーンズと初めて(そして最後の)競演をするという おまけまで付いていました。その場に居合わせたことを幸運に光栄に思いました。 特にツテがあったわけではないのですが開店後、Jason Mayall氏や 花房浩一氏などジョーの友人であった人たちも飲みに来てくれるようになり、 もし彼が生きていてくれたらTramに飲みに来てくれたはずだ、なんていまだによく考えます。 開店以来Tramにはジョーのポートレイトが壁にかざってあり、入り口にはロンドンコーリングのアナログレコードが6年近く掛けてあります。 演奏する場がないなら嘆いていないで自分でつくれ、 遊び場がないなら自分でつくれ、 仕事がないなら自分で作り出せ、 といったメッセージを真に受けてはじまってしまったのが 僕のキャリアであり、Bar Tramでもあります。 常識やシナリオ、押し付けられたやり方ではなくても 自分の人生を輝かせることはできるはずだ、ということをBarや そのありかたを通して表現、証明したいという気持ちも原動力になっています。 ずっと通って来ていただいてる方々は意識的にせよ無意識的にせよ きっと感覚的にメッセージを受け取っていただいているのではないかとおもいます。 今年もまた12月22日の命日からここ数日間は彼の声を聞きながら感謝をこめて、 アブサンではなくテキーラをあおることにします。 Cheers, Thank you, Joe Strummer!! Bar Tram & Bar Trench (I) ...

17日金曜日、フランスでやっと”アブサン”が解禁された?

17日金曜日、フランスでやっと”アブサン”が解禁された? La dénomination «absinthe» de nouveau autorisée en France © KEYSTONE-A --------------------------------------------------------------------------------------------- 「アブサン」という名称が、新たにフランスで許可されました。 スイスの製造者たちがこの呼び名を我が物とするのを阻むためです。 金曜、アブサンの発祥の地である、フランス、ドゥ県の国会議員に近い筋から明らかになりました。 フランス国会は水曜、1915年3月16日に制定された法律を廃止しました。 この法律は、現在のフランスの製造者にさえ「アブサン」のラベルを使用することを禁止し、「ニガヨモギでできた高アルコール飲料」という名称のもとで製品を製造、商品化することを強いるものでした。 今回のこの法律の撤廃のねらいは、スイスのIGP、また、スイスとフランスの製造者とのあいだでの競争が不利になることをさけ、生産権簡略化および改善を訴えるスイスのプランに対抗するねらいがあるといわれています。 飲むと気が狂う、という疑惑を持っていたアブサン (その歴史的な首都はポンタルリエでドゥ県にあり、フランスの北西にある。)は、フランスで1905年に禁止され、新たに許可されたのは1988年で、アルコール度の低いものにおいてである。(そもそもは72度のアルコール含有量) 40もの蒸留所が今日、フランスでこの飲み物を製造している。 http://www.rtlnews.tv/info/monde/europe/761382/la-denomination--absinthe--de-nouveau-autorisee-en-france 以上はこちらのニュース記事の翻訳です ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー Absinthe-Tokyoの解説  フランス産のアブサンにはラベルに決してアブサンとは書かれておらず、 よく見ると、どのアブサンにも ”ニガヨモギっていう薬草からできた高アルコールの飲み物”、とか ”ニガヨモギっていう植物の香味成分を抽出した蒸留酒” なんて周りくどい表記がされています。 フランス国内においては、ニガヨモギ酒、アブサンをつくることは 認められたのに ”アブサン”という言葉は使えないという矛盾した状態が続いていたのです。 酒造業者や関連団体から法律改正の要望は出されていたものの 何年も回答すら得られないという状況がようやく急展開し、 実質法改正が可決されたのです。 この流れについては先日当ブログ フランスにおけるアブサン解禁立役者へのインタビュー記事 にて詳しい経緯を書きましたが 改めて簡単に記すと シャンパンはフランス、シャンパーニュ地方でつくられたものしか シャンパンと名乗れないっていうのと同様、 アブサン発祥の地、スイスのヴァールドトラベール地方の アブサン製造者たちが ”この地で決められた製法でつくられた 高品質アブサンしか世界中でアブサンと名乗ってはならない”という 法をつくろうという運動を起こし議会に提出しました。 これではフランス国にとって商売的にも、文化的にも不利になってしまうと フランス政府があわてたところで やっと動いたということのようです。 -------------------------------------------------------------------------------------------- 以上Boutique Absinthe-Tokyoのブログより転載 Bar Tramにもフランス産の添加物フリーの本物アブサン アンエミル、アンエミルエージドに加えて 同じくエミル ペルノー蒸溜所の ペロケ、ヴィユー ド ポンタリエ 二種類が入荷したところです。 今夜はフレンチアブサンでカンパイ! Bar Tram& Bar Trench (I)...

クロマキー

疑似体験、疑似映像、疑似ビール。 大きな居酒屋さんでは生ビール注いで泡付けしてくれる機械も活躍してるとか。 ストリートビューで海外のバーの入り口までは行くことができるけど、 目の前のバーテンダーがつくるお酒を口の中へ入れて味わって飲むなんてことは もう最後のリアルなんじゃないかなんて話によくなります。 あるいは反転して 想像力さえあればフィジカルなリアルなんて必要ない? 極端に突き詰めたら、ただ生きていくだけでもより困難になりそうです。 じゃあバランス棒の支点になるのはフィロソフィーだ、としても ちょっと立ち止まって 立ち位置を見つめたり、さらに掘り下げたりする 余裕も持ちづらい、めまぐるしくまわるご時世です。 Bar Tram & Trench (I)...

error: Content is protected !!