Search
 

News & Blog

スピリッツ&リキュール試飲会

お世話になっている酒屋さん”ムサシヤ”さんと輸入商ジャパンインポートシステムさん主催の合同試飲会、Bar Tram & Bar Trench スタッフは勉強とお客様に紹介できるおもしろいお酒を探すため、そして平日昼間から仕事と称して飲酒するため積極的に参加しております。毎回数百種のお酒が紹介されていてフリーテースティングのため、なめる程度の味見でも最終的には結構出来上がってしまうこともよくあります。アブサンは出品されていませんでした。今回も盛況でした。(写真は閉会後のものです) Bar Tram & Bar Trench (I)...

カバー曲 ガソリンアレイ

ロッドチュワートが有名になった曲”セイリング”は実はカバー曲らしいんですが 彼の曲を日本語でカバーしてる人もいて 特にマーシーのバージョンはフェイバリットです おまけ すごくいいライブ Bar Tram & Bar Trench (I) 恵比寿 バー トラム トレンチ...

フランスにおけるアブサン解禁立役者へのインタビュー記事(翻訳)

フランスにおけるアブサン解禁立役者へのインタビュー記事(翻訳) われわれの使命は歴史を再創造することであって、書き直すことではない La Gazette de l'Absinthe  All the news about Absinthe - Green Fairy 2010 11/5記事より アブサンのテストをするテッド アブサンに関する最近のフランスの法律の進化にはよく引用される名前があります。 セオドア. A.ブロー氏です。評価の高いアブサンのシリーズ”ジェード”の創設者としてのほうがより知られてはいますが、彼は緑の妖精、グリーンフェアリー(アブサンの愛称)に関わる科学的、教育的、法的な試みに参加しています。 彼はフランスにおける1915年のアブサン禁止法案の廃止について私たちの質問に答えてくれました。 ガゼットドゥアブサン:ハイ、テッド(セオドア氏の略称) まず第一に、あなたを知らない読者のために簡単に覚え書き。 もともとはルイジアナ生まれのバイオ化学者でしたがタバコの葉でつくられるリキュール、”ペリック”やアメリカ市場向けのアブサン,”ルーシッド”、もちろん名高いジェードアブサンも製造するソミュールの蒸留所にて蒸留を学びました。 フランスではアブサンについて法律上いくつかの問題がありました。 *1988年 終結判決 *1999年ころ 上記法令にさまざまな適用の進化(ベルサント裁判)                          フランスの税関はアルコール度45°以下のアブサン関連商品には             ...

error: Content is protected !!