Search

CAFE LEHMITZ from ANDERS PETERSEN , at RATHOLE

Small Axe Inc. / 未分類  / CAFE LEHMITZ from ANDERS PETERSEN , at RATHOLE

CAFE LEHMITZ from ANDERS PETERSEN , at RATHOLE

 Anders Petersen ( 1944-) , a Swedish photographer born in Solna .
  My first time to see his work was AT RATHOLE GALLERY in Tokyo , a couple of years ago . Even though I knew some of his works I was really exited to see the original prints . It was amazing ! .
  “CAFE LEHMITZ ” was shoot at hamburg ,Germany  , 1967 . And what surprised me the most  is that he was only 18 years old . It seems that CAFE LEHMITZ was a  place with momentary drunken joy , laughter , and exposed desire . We don’t feel any distance between the photographer and the customers . We feel people showing the darkness , loneliness and their beauty . 
  ” The first exhibition was held at the LEHMITZ  in 1970 with 350 pictures , he left Sweden with the words that if people recognized themselves in the pictures , they could keep them .When he  returned 10 years later , there was only  one faded photo left on the wall . It was photo of no one but Petersen himself”
   I always keep in mind one of his sentences :
   “TO ME , IT’S ENCOUNTERS THAT MATTERS , PICTURES ARE MUCH LESS IMPORTANT ” BY ANDERS PETERSEN
    ” R ”    Ebisu Bar Trench 
___________________________________________________________

写真集 ”カフェ リミッツ”は
1967年 ドイツのハンブルグで撮影されました。
驚くべきことにそのとき彼はまだ18歳だったのです。
カフェリミッツは刹那的なアルコールへの陶酔、
笑い、露骨な欲望がうごめいていた場所に見えます。
写真からは撮影者と客たち(被写体)との距離を全く感じさせません。
人々の陰鬱さ、孤独感、美しさを感じ取ることができる作品です。
初めての個展は1970年にリミッツにて行われ、350枚の写真が展示されました。
もし自分が写っているのを見つけたらその写真は持って帰ってもいい、
と言いのこして彼はスウェーデンへと去りました。
10年後そこへ彼が戻ってきたとき
壁にはたった一枚の色あせた写真が残っているだけでした。
そしてその写真とはぺーターセン自身がひとりで写っている写真だったのでした。
僕は彼の言葉のひとつをいつも忘れないようにしています
”私にとって出会いこそが大切なものであり、写真なんかはその次だ。”
by アンデルス ぺーターセン
”R”
恵比寿 Bar Trench
error: Content is protected !!