Search

未分類

Small Axe Inc. / 未分類

Bar TRENCH UNDER THE SEA 一色海岸 カフェ・ド・ロペ・ラ・メール

8/16(土)と17(日)の2日間、葉山御用邸の緑を背にした一色海岸の”Caféde Ropé la mer”内にて、Bar TRENCH がポップアップバーを出店します。 Café de Ropé la mer でのバー出店は3回目。今年のテーマは”UNDER THE SEA " 海底をイメージしたBar TRENCHが出現します。 本格的なカクテルはもちろん、今年はバーカウンターまわりのプレゼンテーションもお楽しみです。2日間ともに、会場ではDJイベントもございます。 渋谷、恵比寿、品川駅から逗子までは電車で約1時間。逗子駅からはバス、またはタクシーで、一色海岸で下車してください。 どうぞ、みなさまお誘い合わせのうえお越し下さい! google map https://goo.gl/maps/kOXpZ アクセス詳細 http://cafederope-lamer.jp/...

BAR TRENCH “KOCKTAIL WERK” ゲストバーテンダーイベント

 BAR TRENCHのスタッフ、ROBOTならぬROBERTが29日と30日、彼の出身国ドイツに ちなんだクラフトカクテルを振る舞うイベント”カクテルワーク、ディーミックスマシーン” 2013年12月29日、30日の2日間開催しております。ぜひみなさまお越し下さい! ================== 機械文明に支配された世界を鋭く描写する”カクテルワーク”のゲルマン・カクテル! 2014年にむけて、”カクテルワーク”が文明社会への警告を発したカクテル・メッセージ! ====================== 手下たちによる仕込みの風景(イメージ) SPECIAL MENU  *Transatlantic*  Rye, Cognac, dark chocolate liqueur, agave  "A great cocktail for all chocolate and cigar lovers - barrel-aged by us!" すべてのチュコレート&タバコ好きに贈るカクテル カクテルワークによる樽熟成カクテル *Suzette* Dubonnet, Sweet Vermouth, fresh orange juice, balsamic "Everything great from grapes...

Bar TRENCH in HUGE magazine 10th Anniversary Summer Party

Bar TRENCH in HUGE magazine 10th Anniversary Summer Party TSUTAYA代官山のT-SITE Gardenギャラリーにて雑誌HUGEの10周年記念サマーパーティにBar TRENCHが出店しました。 T-SITE Gardenギャラリーには、HUGEがセレクトした雑貨などが販売されました 代官山TSUTAYAは開放感のある場所。当日は土曜日ということもあり、人でいっぱいです かなり雲行きが怪しい・・・オープンは16時から20時まで。雨は降らないで!と願いつつBar TRENCH開店です。 雨に備えて、本来は上にたてる看板も、今日はカウンター下に設置しました コンパクトな出張用Bar TRENCHカウンターです 『THIRSTY?』のどかわいた?この日も湿気が多く夕方といえども暑さの残る日で、きっとお客様ののどもからからでしょう!   この日のメニュー。Mason Shakerをつかったカクテルに、この日は生ビールをご用意しました。また子供たちのために、自家製フレッシュグレープフルーツシロップのジュースも。 ご一緒に出店したのは、前回青山のイベントでご一緒したThe Tastemakers&co.さん。カレーパンとホットドッグを販売されていました   焼きたてのソーセージのいい香りが充満しています。このフライパンで焼くととてもジューシーに仕上がるということです  鹿児島県からいらしたアイスクリーム屋さん    テーブル席もいくつか用意されて、その場で座って楽しんでいただきました Mason Shakerの中の緑色はミントではなく、ルッコラ。 ルッコラに自家製のベリーシロップとラムをあわせたカクテルです シェイク  そしてシェイク こちらにトニックウォーターを加えてできあがりです ずいぶん日が落ちてきました 大人の野外バータイムにはいります 夜になってもショップには沢山の人がお買い物を楽しんでいます    心配していた雨がついに降り始めてしまいました・・・  それでも傘をさしながら楽しんでいただきました! みなさまどうもありがとうございました! Bar TRENCH ...

Thank you for coming! Beach Bar TRENCH Report

お盆休みの週末に、葉山の一色海岸のCafe de Ropé la mer にて 2日限りのBar TRENCHを出店した際のレポートを写真にてご報告します。 お越しくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。 富山から来てくださった方もいらして、感激しました。 大人の夏休みを楽しんでいただけたでしょうか? Cafe de Ropé la mer 内に小さなバーカウンターを設置させていただきました。 午前中から多くの人がパラソルやテントをはり、海を満喫しています。 とにかく日差しが強く、素足で砂の上を歩けないほどでした。   当日のメニューは、MONKEY47ジンのカクテルとアブサンのカクテルをご用意。 Captain Green や Amer la mer など海にちなんだネーミングを採用しています。 (Amerとは「苦い」la mer「海」はどちらもフランス語です。テイストも苦め) Cafe de Ropéもオープンと同時にお客様がいっぱいです。 ドイツの森の中生まれのMONKEY47ジン。海は初体験かもしれません。 モンキートニック 人気のアブサンでつくるモヒート。大きな葉のフレッシュミントをたくさん使用します。 昼をすぎるとどんどん人が増えていきます。とにかく暑かったこの2日間は、 水分補給が欠かせませんので、おかげさまでBar TRENCHも大忙しです。     こちらはトロピカル・カクテルの女王といわれるマイタイを、 アブサンでつくった「アブサン・マイタイ」 Amer la merは鮮やかな赤色が夏によく似合う、苦味のある大人のカクテルです。 日が沈んできたので、Bar TRENCHも電気をつけて夜仕様に変化します。 くじらのシェイカーも海につれていきました。さすがによく海が似合いますね モンキー47も、海との記念撮影をしておきましょう  だいぶ日が沈んできました。 日曜日の夜にはDJイベントでとにかく大盛況。 昼とは違った、大人の空間に。 みなさま、ありがとうございました! Cade de Rope la merは8月いっぱい営業しております。 お食事も充実していますので、海辺のランチもしくはディナーも楽しめます。 また、毎日イベントが開催されておりますので、HPでチェックしてお出かけください。 http://cafederope-lamer.jp/ ...

北京にてアブサンナイト!GREEN HOUR in Beijing

GREEN HOUR in Beijing Bar Tram & TRENCH チームは中国は北京のバー、Vplus loungeにご招待いただき、アブサンナイトをやってまいりました。東京からアブサンファウンテンやスプーンを持参、 ドリップやカクテルで本格アブサンを味わってもらおうという企画です。 初めての中国、本当に空気が、、、 皆さんの移動手段は電動スクーターか電動自転車が目につきます。 北京市内は排気ガス問題と事故の問題両方から エンジンつきの2輪車は禁止されているそう。 ジョーカーやズーマー、ビーノのようなスクーターが たくさん走っていますが、よく見ると 電気モーターで走るため、 音が静かでチャンバーやマフラーがありません。 今回ご用意していただいたホテルのロビーにて コーディネートしていただいた Fabre inc.のKさんと。 ミッドセンチュリー風でした。 イベント前に景気付けに立ち寄ったBar Glen classic 銀座スタイルのバーです バーテンダーの金高さんと 本番前なので一杯だけで我慢。 会場に向います。 こちらがビルのエントランス 店から望む北京の高層ビル群。 とてもモダンです。   エントランスホールは妖しいパープルのライティング 店へはエレベーターで最上階の42Fへと上がります。 仕込み中、今回のメインバーテンダー、BAR TRENCHのFです。     東京からおくったアブサンとアブサンカクテルに使うモンキージン     こちらも持参したファウンテンとアブサングラスでアブサンドリップのご紹介   クラシックカクテル、ホワイトカーゴ   アブサンパンチ   おなじみの人気メニュ−、アブサンモヒート   アブサンとスーズとグレープフルーツジュースのカクテル、 アブサン サハラ   ビターズも北京のバーテンダーたちには全く新しいものらしく、 興味津々のようでした     スペイン人のバースタッフ。 奥にみえるのがアブサンパンチ(アブサンポンチ)です。 白ワインをベースにフルーツとハーブを漬け込みます。 アブサンは最後にフロートしてお出しします。   この後、どんどん混雑して行きます お客様のリクエストでステアのカクテル 2日間無事に終了。 お世話になりました! 謝謝! バーテンダーチームと Bar TRENCH ...

BEACH BAR TRENCH 今週末8/10~11 葉山の一色海岸にてビーチバー開店!

<This weekend !>BEACH BAR TRENCH will be opend at ISSHIKI KAIGAN, HAYAMA 今週末8/10~11 葉山の一色海岸にてビーチバー・トレンチ開店!   2日間だけBAR TRENCHが海辺で本格的カクテルをご提供する、BEACH BAR TRENCHをオープンします。 個性的なアブサンのカクテルやすっきりとしたジンのカクテルなどを 海辺で楽しみませんか? みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひ、いらしてください! おまちしております!また昨年のBEACH BARの様子はこちらからご覧ください。 http://bar-tram-trench.blogspot.jp/2012_08_01_archive.html We Bar TRENCH will open on the beach in Hayama, KANAGAWA only for 2days!...

原宿eatripにて開催されたSensuous Marketレポート

 雑誌"ecocolo"とレストラン"eatrip"そして”THE LITTELE SHOP OF FLOWERS”の 「感覚」をテーマとしたイベントにて、BAR TRENCHが感覚をテーマにしたカクテルをご提供しました。   材料はすべてこだわりの野菜やハーブでカクテルをつくります。 香りや色や形も、普段見慣れているものとはひと味違います。   こちらは『情熱 PASSION』テキーラとニンジンのカクテル。 左にあるのは、『聖 HOLLY』ホーリー・バジルを使用しています。心身が洗われるようなすっきりとしたフレーバーです。   『大地 EARTH』のカクテルは梅酵素の薄いピンク色がきれいです。 カクテルといっしょに、この日のスペシャルブランチをいただきます。   ドライフラワーやプリザーブドフラワー、流木などをつかってモビールを制作するワークショップも開催されていました。鮮やかな色彩が感覚を刺激します。     普段は意識することなく、衣食住をあたりまえのようにこなしていますが、 こうしてさまざまな切り口からアプローチしていくと、自分の中に新しい アイデアがうまれてきます。 こちらは今回このプロジェクトに参加したチームのみなさんです。 restaurant eatrip THE LITTLE SHOP OF FLOWERS 青果ミコト屋 IFNi Roasting & Co. そして BAR TRENCH おこしくださったみなさまありがとうございました。...

POP UP BAR by Bar TRENCH At the event “I MEAT YOU”

POP UP BAR by Bar TRENCH At the event "I MEAT YOU"  at The Tasetemakers&co. in Aoyama, Tokyo. 青山にあるThe tastemakers&co.にて開催されたイベントにて、ポップアップバーを 出店しました。 選りすぐりのお肉を食すことのできるイベント。 お肉好きの方にはたまりません。 Just one day meat market in Tokyo. It was a must see event for...

FOOD CREATION and BAR TRENCH

  4月27日(土曜)POINTは一晩だけ、フードアーティスト・諏訪綾子/フードクリエイションによる「The Secret Bar」に変身します。POINTでは諏訪綾子自身が、あじわうパフューム「エモーショナルエッセンス」を使用したカクテルを。POINT向かいの「Bar Trench」ではブラジル人のバーテンダー、Rogerioが考案した、エッセンスを使った本格的なカクテルをご用意してお待ちしております。■エモーショナルエッセンス http://www.fukumitsuya.com/emotionaltaste/index.html ■Bar Trench http://small-axe.net/bar-trench/index.html gallery POINTの向かいにあるBar「Trench」は薬草酒(アブサン)、ハーブリキュール、エリクシールなど珍しい洋酒を揃えるツウな酒飲みなら見過ごせないバー 諏訪綾子より 「恵比寿の裏道に一晩だけのバーを開店いたします。 やわらかくてはりのあるレタスを外側から一枚づつ剥がす、 ささやかな罪悪感のあるあの感覚、 目頭が独特のガスで充満して鼻の奥がツンとする、 涙がこぼれる直前のあの瞬間、 理由もなく走り出したこどもの頃に想像していた、 あの壁の向こう側、 欲望はどこまでもエレガントに、 ソフィスティケイトされたその好奇心は、 進化した野生。 さあ、その感情を片手にささやいて。 髭のバーテンダーRogerioによる、food creation エモーショナルエッセンスを使用したカクテルをご用意してお待ちしております。」 One night, a bar opens for only the day at the back street at Ebisu. There is a small sense of guilt when you peel...

error: Content is protected !!