Search

Bars/バー

Small Axe Inc. / Bars/バー (Page 7)

出張アブサンバーレポート/Pop up Absinthe Bar at Nomadic Kitchen

ROGERIO'S STYLE OF MIXING ABSINTHE DRINKS IN ” NOMADIC KITCHEN” 去る5/26、27、原宿のVacantにて“nomadic kitchen"というイベントが開催されました。料理研究家の野村友里さんが中心となり、企画されたもの。当日はラム肉のハンバーガーのプレートのみのメニュー。それに合わせ、アブサンのカクテルが数種類出されました。 店内には、アブサン・ワールドの雰囲気が伝わってくる展示を行いました。 アブサンを知らなかった方たちが多く、興味津々にアブサンについての話に聞き入っている方が多くいました。 この日のスペシャルカクテルメニューは”アブサン酵素カクテル”です。酵素とは、こちら☞wikipedia簡単に言うと、発酵という形で酵素を得、健康維持などに利用しています。 こちらが野村さんが作った酵素の元(右の大きなガラスビン)で、ピンクの液体が抽出したもの。ビーツ由来の美しい自然な発色にみなさん驚いていました。 この酵素とアブサンを組み合わせたカクテルを、Bar TRENCHのMr.Rが考案しました。 鮮やかな酵素のピンク色とフレッシュハーブのローズマリーのグリーンの組み合わせがとてもきれいです! みなさん、”ラム肉バーガー”とアブサン酵素カクテルで、ゆったりとした午後の時間をすごしていました。 また、Littele Nap Coffee Stand からは、”アブサン入りコーヒー”が登場!こちらも大人気でした。 Absinthe Party ”Green Hour”のように妖しい雰囲気のなか楽しむアブサンも良いですが、たまには昼間から太陽の照る下、心地よい風に吹かれながら飲むアブサンもまた格別です。急遽PEPE Californiaのライブショーもカウンター奥で開催されとてもぜいたくな週末の午後となりました。 お越しいただいた皆様、ありがとうございました! Nomadic Kitchen サイト http://vacant1f.n0idea.com/VACANT_1F/home.html 原宿VACANT http://www.n0idea.com/ 野村友里さんHP http://www.babajiji.com/ Bar Trench  ...

Bar TrenchにThao & Mirahがやってきた!

Bar TrenchにThao & Mirahがやってきた! 今回Bar Trenchの2階部分の本棚で演奏してくれたのはThao & Mirah ドラムとパーカッションのAndrewを加えたミニライブ。 2人とも素晴らしい美声と個性の持ち主です。 6/1の渋谷O-Nestでのライブも予想以上に感動的でした。 とにかくライブが良いのでみなさんぜひ見にいきましょう! Thao & Mirah   Kレコーズのミラー(Mirah)、Kill Rock Starsのタオ(Thao)。USノースウエストの老舗レーベルを代表する歌姫二人がON THE SHELFにやってきます。昨年のデュオ・アルバム『Thao & Mirah』(Kill Rock Stars)を引っさげての今回の来日公演は、ドラマーを迎えてのタオ&ミラーとしてのセットに加え、 タオ、ミラーそれぞれのソロ・セットも含む予定。ミラーはタラ・ジェイン・オニールとのスプリット・ツアーだった2005年以来7年振り、タオはトクマルシューゴ、スーパ­ーチャンクと共演した2009年以来3年振り(ツアーとしては初めて)の来日です。Thao(タオ) 本名Thao Nguyen。ワシントンDCにほど近いヴァージニア州フォールズチャーチで、ヴェトナム系アメリカ人の両親のもとに生まれる。 シングルマザーとなった母親が営むクリーニング店を手伝う傍ら、12才の時にギターを手にして曲を書き始める。 2005年、時にカントリー・ブルースからの影響を感じさせるフィンガー・ピッキングのギターが印象的な最初のフル・アルバム『Like The Linen』を発表。 2006年夏の全米ツアーから、4人編成(現在は3人)のバンドを率いて「Thao with The Get Down Stay Down」と名乗り、同じメンバーでエリオット・スミス、ディアフーフ、スリーター・キニーらを輩出したオリンピア(現在はポートランドに移転)のもうひとつの名門インデ­ィ、Kill...

Bar TramとTrench がBar業界情報誌”Drink Planet”に紹介されました

Bar TramとTrench がBar業界情報誌”Drink Planet"に紹介されました 飲食業界情報のウェブマガジンは数多くあれど、 Barを専門にしたものは珍しく、スタッフも定期購読している“Drink Planet" 「お酒を愛するクリエーターのための会員組織」の会報です。 世界のバー事情や、バーにまつわる興味深いトピックを 毎月二回の配信してくれます。 今回配信の3月号にて2回にわたり、代表(I)のインタビューをもとに、 店舗や酒販事業部について紹介していただいております。 http://www.drinkplanet.jp/bartenders/view/39 Drink Planet www.drinkplanet.jp 3月1日号の目次 ■NewMind & Story 人・ものがたり 時代も国境も超越した? アーティストたちの夢の隠れ家。(前編) 伊藤拓也さん Bar Tram / Bar Trench / Small Axe Spirits & Liqueurs ■話題のバー&インタビュー ☆ロンドン・イースト地区発、 オープン1年で予約殺到のバー。(前編) アリ・バーゲス氏  /Happiness Forgets (ロンドン) ■最新カクテルを紹介するRedesigned カクテル 無駄な飾りやアレンジは要らない。 むしろ新しいシンプリー・カクテル。<前編> アリ・バーゲス氏  /Happiness Forgets (ロンドン) ☆パーフェスト・ストーム  Perfect Storm ☆ハリー・パーマー Harry Palmer ☆ナインティーンズ・センチュリー 19th Century ☆ジェマドーズ・レメディ Jimadors Remedy ☆ジャーナリスト...

Bar TrenchにPaul Bradyがやってきた!

Bar TrenchにPaul Bradyがやってきた! On the shelf www.ontheshelf.tv Official HP http://www.paulbrady.com/ Paul Brady アイルランドでもっとも尊敬されているシンガー/ソングライター/ギタリスト、 Paul Brady(ポール・ブレディ)がオン・ザ・シェルフにやってきました!! 60~70年代は、トラッド・バンド「ジョンストンズ」、 伝統音楽の革新を推し進めた伝説的バンド「プランクシティ」のメンバーとして活躍。 78年に初のソロ・アルバム『ウェルカム・ヒア・カインド・ストレンジャー』をリリース。 80年代以降は自らのソングライティングの才能をいかし、 コンテンポラリー系の活動に転向。 現在までに8枚のオリジナル・アルバムを発表し、 いずれも世界的に高い評価を得ている。 またポールの書く楽曲はボニー・レイット、ジョー・コッカー、 ティナ・ターナー、フィル・コリンズ、デヴィッド・クロスビー、 ポール・ヤング、
モーラ・オコンネルなど、 多数のアーティストによりカバーされている。 更に、エリック・クラプトン、マリアンヌ・フェイスフル、 メアリー・チェーピン・カーペンター、 マーク・ノップラーらの作品に参加・共演するなど、 大物ミュージシャン達から絶大な支持を得ている。 目と鼻の先で演奏を体感する貴重な好機、 アンプを通さず生で聴く彼の声には本当に圧倒されました。 Bar Tram & Trench   ...

London 滞在記 バーめぐり編 その2

多少改装したそうですがとにかく古い趣のあるパブ。 ボビーギレスピーらもよく来るらしい。   バースツールの先が3つ足なのによく安定しています。       もと電話スペースでしょうか? ---------------------------------------------- ロックバー 12 BAR CLUB     レンガの壁に直接描かれたレッドストライプのロゴが格好良すぎでした       トイレ入り口 今日はプラカップで営業     ステージのある部屋 この雰囲気は出そうと思って出せる雰囲気じゃありません 時間の重みを感じます。     この光景、夜の2時過ぎです。 ロックが爆音でかかる中、 70過ぎに見えるおじいさんと若者が戦っています。   ----------------------------------------------------------------- PASSING CLOUDS     アフリカ系クラブです。 フェミクティーらもライブをしに来るとか。 以前は法律ぶっちぎりで無許可営業をしていて 御用となってしまったようですが 場所を変えて、みごとに大復活。   中にいるのはほとんど黒人で はっきりいって 結構怖いですが、実際飛び込んでみると みんなとてもフレンドリーです。 エントランスもドリンクも安いし かなりいい店。 こんな場所が家の近所にあれば幸せだろうなと思います。 今日はフリーセッションの日。 こちらのミュージシャンはみんながみんなレベルが高い。 音楽で食べていないんでしょうけど プロ以上にすばらしい才能を持ってるようにみえる人も たくさんいます。 本当に毎回すばらしい演奏を見せてくれます。 とくにレゲエのMCバトルは最高です。   ------------------------------------------------------------ 隣の店もjazzのライブで大盛況 シメの一杯を飲みます。 ------------------------------------------------------------------------- シメのラーメン、の代わりに毎晩、24時間営業のトルコ料理店で スープを飲んで帰ります。 Bar Tram & Bar Trench (i)   ...

London 滞在記 バーめぐり編 その1

London 滞在記 バーめぐり編 その1 Whistling Shop かなり人気のないウラ通り なかはかなりのにぎわい   とにかくドリンクのリストがユニーク!          店内の一画にガラス張りで立ち入れない、 さながら実験室のような小部屋があります。   カジュアルすぎず、フォーマルすぎずちょうど良い塩梅の インテリアや雰囲気です。 決して安い店ではないのですが ドリンクをオーダーするのが大変なくらい わりと若い層のお客さまで大繁盛しています。 --------------------------------------------------------------------------- そして2度目の訪問となるPURLへ   こちらも予約が必要な人気店。   紙袋に入っているのは持ち込みのビール、ではなく ユニークなカクテルで、となりのショットグラスとセットです。   カウンター中央にはアブサンファウンテンが鎮座     これまたかなりユニークなメニュ− 樽熟成カクテルリストと瓶熟成カクテルリスト     なんとミソを使ったカクテル 美味しかった。 金属の器に入ったこちらは アブサンのカクテル、 泡がアブサンでできています。   今日のスタッフのうちのひとり。 バーテンダーそれぞれが 才能やクリエーティビティーを追求している印象です。 ------------------------------------------ Zetter Townhouse(ホテル)のバーへ   かなり良い雰囲気でしたが あまりの混雑のため飲むのは断念 少々歩いて次へ --------------------------------------------- St.John 2つ星レストラン ガストロノミーパブのハシリ トラム元料理長のコントロールフリーク氏のお勤め先でした。     ビールで溶いたチーズをかけた焼きトースト、 ウェルシュレアビットと ブラジルのコロッケ、コシンヤ風の やわらかほほ肉のあげもの   上等なカルバドスをソーダで割ったような おいしいシードル 夜はまだまだつづきます The Whistling Shop http://www.whistlingshop.com/home.html PURL http://www.purl-london.com/ St.John  Bar and Restaurant http://www.stjohnrestaurant.com/   Bar Tram & Bar Trench (i) ...

London Cocktail Week 2011

  London Cocktail Week 2011     リストバンド登録をすると たくさんのバーで4ポンドでスペシャルカクテルが飲めて 無料ダブルデッカーバスの送迎でバーホッピングができます。 そして一般向けのお酒勉強会、 バー業界向けの勉強会も開催されました。 業界関係者向けセミナーが行われるShoreditch Studio 倉庫を改装した多目的スペース   ガーキンスが見えるエリアにあります。   まずはマチュレーション、樽熟成についてのお勉強 近年バーでカクテルを樽熟成させて 提供するとともに瓶詰めして販売する、といったような なかなか日本では思いもつかないようなことも トレンドになっています。 樽熟の化学的解説とバーテンダーによる実践について       Bramble Bar の樽熟成カクテルの瓶詰めバージョン 試飲用に一本入手しました。 ---------------------------------------------------------------------   毎日ポップアップバーが登場する ショーディッチスタジオの待ち合いスペース 今日はジェムソンバー 休憩時にいただいたバカルディラムを使用したシャーベット “icely done" ------------------------------------------------------------------------------ カクテル作り方セミナー Gaucho Grill Barにて     アルゼンチンのバーシーンとカクテルについて学びます。       最期にテースティングした濃厚なブラディーマリー オニオンが効いていますGaucho restaurant http://www.gauchorestaurants.co.uk/   ------------------------------------------------------ ショーディッチスタジオにもどって 香りに関する勉強会 今回はジンのアロマについての勉強です     アロマアカデミーのDr. Georges Dodd氏によるセミナーです http://www.aroma-academy.co.uk/index.htm ---------------------------------------------------------------- 今回Class Magazine のべストバーテンダー賞を勝ち取ることになる トリスタン氏らによるレクチャー 確かに彼の店は数々まわったロンドンのバーのなかで最も好きな店でした 彼らFruid Movementチームによるプロデュースの店 Purl http://www.purl-london.com/ Whisling Shop http://www.whistlingshop.com/home.html -------------------------------------------------- Brompton Bar & Grillにて アブサンの勉強会 この店は早くからアブサンをメニュ−に取り入れて たくさんの人に紹介したことで有名です。 先生はMr.Alan Moss アルテミジア アブサンの他、 ウィスキー、スピリッツやリキュールの広報を務めるとともに real absinthe blogのライターでもあります。 ヒストリーのレクチャーとともに たくさんのカクテルを試飲します。     real absinthe blog The Real Absinthe Blog Simon Difford氏率いるOdd firm...

error: Content is protected !!