Search

Hendrick’s seminar in Japan 日本にてヘンドリックスジンの講習会 

Small Axe Inc. / 未分類  / Hendrick’s seminar in Japan 日本にてヘンドリックスジンの講習会 

Hendrick’s seminar in Japan 日本にてヘンドリックスジンの講習会 

Hendrick’s bottle candle
11 types of herbs samples

                                         

Hendrick’s Tea Time pot

    Last Thursday ( 11/11/2010)  TRAM & TRENCH CREW went to check out a quite different gin seminar from the scothish Hendrick’s gin .

    The Hendrick’s seminar was held in a kind of secret place , in a hard to find place between Ebisu & Nakameguro . It took us a while to find it until we saw a rose leafs trail in front of a old Japanes building . Following the rose leafs trail upstairs , little by little we could feel the smell getting stronger and stronger . A 1920’s kind of music was flowing in the air . By this time we could feel that we would face to something unusual .

    We arrived in a room with vintage furniture smelling gin , cucumber and rose . It  was a impressive impact at first .

    The Hendrick’s  Ambassador Sir ” J ” started with a little gin history . The early times ,  the tonic history , the prohibition , etc .

    And than came the part of what is inside Hendrick’s gin . Hendrick’s gin is made  of  11 differents herbs : Cubeb Berries ( From Indonesia and spice Islands ) , Meadowsweet ( from Northern Europe ) , Coriander ( from Eastern Europe and Morocco ) , Orris Root ( aged 2 to 3 years , from Peru and Morocco ) , Juniper ( from Italy and Servia ) , Angelica Root ( from France and Belgium ) , Orange & Lemon Peel ( from Spain ) , Chamomile , Elderflower and Caraway Seeds . All those ingredients are  distilled in 2 types stills system using a Bennet Still and Carter-Head Still ( 19th century still ) . That’s also one of the reasons that makes the gin flavor special . But the main difference is after the gin distillation , when cucumber and rose leafs are added . That gives the unusual Hendrick’s gin taste .

    Ambassador Sir ” J ” also showed us some gin cocktails like hendrick’s gin&tonic (with cucumber for sure ) , martinis , Gin Basil Smash ( using basil leafs ) , red Snapper ( special tomato juice mix , hendricks , spices and cucumber ) but the star of the night was the TEA TIME gin pot , server in a chill tea cup ( chamomile tea , elderflower liqueur , lemon , hendricks ) recipes you can check here .

    After all those roses , cucumbers , and aromatic spices , a love for the unusual starts to be born …

    Cheers!!!

    ” R ” TRENCH

     PS : next time I would like to see the CUCUMBER MOBIL( green vintage car with a Bar on the trunk ) , they didn’t bring to Japan .

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先週木曜日、Tram&Trenchクルーはちょっと変わったジン、ヘンドリックスジンのセミナーに参加してきました。
ヘンドリックスジンのセミナーは中目黒と恵比寿の間にある
秘密の場所で開催されました。
そこにたどり着くにはちょっと時間がかかります。
(古い日本の建物の入り口からバラの花びらで床に描かれたラインをみつけるまでは。)
このバラのラインを階上までたどって行くとだんだん香りが強く感じられるようになりました。
20年代の音楽がただよっています。
この時点でもう何か普通じゃないことに直面していることがわかります。
ジンとキュウリ、バラの香りがして、ビンテージ家具のある部屋へと
たどり着きました。最初の印象的な衝撃でした。
ヘンドリックスの親善大使J卿がジンの歴史、昔話、トニックの歴史、
禁制時代などなどの話からスタートしました。
そしてヘンドリックスジンの製法や原材料についての話になりました。
ヘンドリックスジンは11種のハーブ類からできています。
キュベブ(インドネシア)
ミドウスイート(北ヨーロッパ)
コリアンダー(東ヨーロッパとモロッコ)
オーリスルート(ペルーかモロッコ産、2、3年もの)
ジュニパーベリー(イタリアとセルビア)
アンゼリカ(フランス、ベルギー)
オレンジ、レモンピール(スペイン)
これらの原材料はベネットスティルとカータースティルという
2種類の蒸留釜にで蒸留されます。
これもジンの香りを特別なものとするためのものです。
しかしいちばん違いを決定づけるのは蒸留したあとに
キュウリとバラを添加するところです。
これが普通じゃないヘンドリックスジンのテーストをつくるのです。
アンバッサダー J卿はヘンドリックスジン&トニック(もちろんキュウリ入り)、マティーニ、バジルスマッシュ(フレッシュバジルリーフを使います)、
レッドスナッパー(特別に用意したトマトジュース、ヘンドリックス、スパイス、キュウリ)といったカクテルの実演もしてくれました。しかし今夜のスターはティータイムジンポットです。冷たく冷やしたティーカップにて供されます。(カモミールティー、エルダーフラワーリキュール、レモン、ヘンドリックスジン)
レシピはこちらからチェックできます。
バラとキュウリとスパイスと、、、そして普通じゃないものに対する愛が芽生える。
カンパイ!!
今度ぜひ今回日本に持って来なかった”キューカンバ モバイル”
(移動キュウリ?トランクをバーに改造してある緑のヴィンテージクラシックカー)
をみてみたい。
error: Content is protected !!