Search

people Tag

Small Axe Inc. / Posts tagged "people"

エミール・ゾラ「居酒屋」

フランスの作家エミール・ゾラの作品に、「居酒屋」があります。
映画化した監督は「禁じられた遊び」や「太陽がいっぱい」などを撮ったルネ・クレマンです。昨今では3D映画が大人気のようですが、この映画は3Dとは遠く離れ、自然主義文学をしっかりと継承した、人間のそのままをいき映した作品です。ゾラ自身もこの映画の出来には満足だったと言われています。

太宰とアブサン

生誕百年や映画化などなど 最近なにかと話題にのぼるような気がする太宰治 彼の作品にも酒に関する文章が多いですが、 アブサンももちろん含まれています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ”人間失格” 『このような時、自分の脳裡におのずから浮びあがって来るものは、あの中学時代に画いた竹一の所謂「お化け」の、数枚の自画像でした。失われた傑作。それ は、たびたびの引越しの間に、失われてしまっていたのですが、あれだけは、たしかに優れている絵だったような気がするのです。その後、さまざま画いてみて も、その思い出の中の逸品には、遠く遠く及ばず、自分はいつも、胸がからっぽになるような、だるい喪失感になやまされ続けて来たのでした。飲み残した一杯のアブサン。 自分は、その永遠に償い難いような喪失感を、こっそりそう形容していました。 絵の話が出ると、自分の眼前に、その飲み残した一杯のアブサンがちらついて来て、ああ、あの絵をこのひとに見せてやりたい、そうして、自分の画才を信じさせたい、という焦燥《しょうそう》にもだえるのでした。』 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー なかなかアブサンに対してはポジティブなとらえ方をされていますが、 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ”酒の追憶” 『それがいまでは、どんなものか。ひや酒も、コップ酒も、チャンポンもあったものでない。ただ、飲めばいいのである。酔えば、いいのである。酔って目がつぶれたっていいのである。酔って、死んだっていいのである。』 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こちらはまったくもって 古いタイプのロックミュージシャンを思い起こさせる言動です。 明日も楽しく飲めるようにほどほどに! Absinthe Tokyo...

Supercar , Bar Tram

楽曲もさることながらビデオもかなりすごいのが多いですね。最近の営業時間外のヘビーローテーションうれしいことにメンバーのご来店歴も何度かあります。 Cheers, Supercar! Bar  Tram & Bar Trench (I) ...

error: Content is protected !!