Search

Hard time with absinthe Sugar-Cubes アブサンの角砂糖が大変だった頃

Small Axe Inc. / 未分類  / Hard time with absinthe Sugar-Cubes アブサンの角砂糖が大変だった頃

Hard time with absinthe Sugar-Cubes アブサンの角砂糖が大変だった頃

Absinthe sugar loaf and PINCE

We live in a time that everything must be fast . Nobody wants to loose a single precious second . Technology is the development , and for those that doesn’t follow that track are old-fashioned . Do we really need to go so fast like that ?

Thanks to the technology we are able to enjoy our absinthe with the sugar-cubes wrapped with paper , spoons , fountains and make the absinthe ritual slowly slowly , like the old times …slowly…enjoying drip by drip …

Well , where I want to get is about the sugar . Now is quite easy to get those wrapped sugar-cubes ( maybe sugar-cubes is getting rare nowdays too…) , in cafes , restaurants ,etc . But in the 19th century (right on the absinthe belle-epoque ) in Europe , sugar were sold in loafs between 2kg up to 10kg ( sugar loafs ) . Maybe all the cafes and restaurants had hard time just to make those sugar-cubes . Sometimes we see in some old pictures people drinking absinthe with quite a big size sugar , and sometimes 2 or 3 pieces . I wonder how long does it take to make all those cubes .

On the picture above you can see that they needed a kind of scissors to cut it . It is a big work and it takes a couple of minutes to the sugar disappear in your coffee or absinthe glass . In this point of view , thanks technology for making us a easy way to get the sugar .But I will keep trying to make my absinthe slowly slowly …listening the drops of the water in my glass …

…The way it goes nowdays I hope the time of absinthe fastfood style doesn’t arrive …imagine getting your absinthe glass in 30 seconds like some hamburger’s shops…

Cheers!!!

“R” TRAM

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アブサン角砂糖が大変だった頃
すべてが早くなくちゃいけない時代です。
貴重な一秒をだれも失いたくない。
技術とは進歩であり、その流れに沿わないものは
オールドファッションと言われる。
本当にそんなに
急ぐ必要があるのか?
技術のおかげでアブサンを飲むとき
紙に包まれた角砂糖、
アブサンスプーン、アブサンファウンテンで
むかしみたいに、ゆっくりゆっくりとポタポタポタ、、、の儀式を楽しめる。
ところでアブサンシュガーについてです。
カフェやレストランで
紙に包まれた角砂糖を手に入れるのは今日
いとも簡単です。(角砂糖ももう古いのかもしれません)
しかし19世紀のヨーロッパにおいては
(アブサン,ベルエポック時代)
砂糖は2kgから10kgのあいだの
大きな塊で販売されていたのです。
たぶんカフェやレストランでは角砂糖をつくるにも
大変だったはずです。
時々古い写真でかなり大きな角砂糖を使ってアブサンを飲んでる人を
見かけます。ときに2、3個も使う人も。
あれをつくるのにはいったいどれぐらい時間がかかるんでしょうか?
上の写真ではさみみたいなものが必要だったのがわかるでしょう。
骨の折れる仕事だし、アブサングラスやコーヒカップに溶けて消えるまで
何分もかかるはず。
そう考えると、技術の進歩のおかげで、たやすく角砂糖が手に入ることになったのがわかる。
しかしこれからも自分でアブサンを飲むときはゆっくりゆっくりと飲みますよ。
水のしずくがグラスのアブサンにポタポタ落ちる音に耳をかたむけながら。
ハンバーガー屋さんみたいに30秒でアブサンが手わたされることを想像する
アブサンファーストフード化が進まないことを望みます。
かんぱーい!
(R)Tram 恵比寿 バー トラム

absinthe sugar

new style absinthe sugar

sugar-cubes
error: Content is protected !!