Search
 

News & Blog

フランスにおけるアブサン解禁立役者へのインタビュー記事(翻訳)

われわれの使命は歴史を再創造することであって、書き直すことではない La Gazette de l'Absinthe  All the news about Absinthe - Green Fairy 2010 11/5記事より アブサンのテストをするテッド アブサンに関する最近のフランスの法律の進化にはよく引用される名前があります。 セオドア. A.ブロー氏です。評価の高いアブサンのシリーズ”ジェード”の創設者としてのほうがより知られてはいますが、彼は緑の妖精、グリーンフェアリー(アブサンの愛称)に関わる科学的、教育的、法的な試みに参加しています。 彼はフランスにおける1915年のアブサン禁止法案の廃止について私たちの質問に答えてくれました。 ガゼットドゥアブサン:ハイ、テッド(セオドア氏の略称) まず第一に、あなたを知らない読者のために簡単に覚え書き。 もともとはルイジアナ生まれのバイオ化学者でしたがタバコの葉でつくられるリキュール、”ペリック”やアメリカ市場向けのアブサン,”ルーシッド”、もちろん名高いジェードアブサンも製造するソミュールの蒸留所にて蒸留を学びました。 フランスではアブサンについて法律上いくつかの問題がありました。 *1988年 終結判決 *1999年ころ 上記法令にさまざまな適用の進化(ベルサント裁判)               ...

Absinthe candy

[gallery columns="1" size="full" ids="14391"] Absinthe Candy イタリア産レオーネのキャンディーアブサン味入荷しました。 今日はBar Trenchにてみなさまに味見していただいております。 おひとついかがですか? ...

Butterfly Absinthe

Butterfly Absinthe   バタフライアブサン バタフライアブサンはアブサンが禁止される前の 1900年代初頭までつくられていた アメリカ、ボストン産のアブサンの復刻品です。 この頃はアメリカ産のアブサンも質の高いものが 作られるようになっていました。 ヨーロッパのアブサンとは多少違いがあり、 ニューイングランドや中西部産の ハーブを使用していました。 ニガヨモギもアメリカ国内には散在しており、 その他のハーブもヨーロッパに輸出されるほど産出されていました。 ミント、レモンの皮などが その他のクラシックアブサンとは異なり、 複雑でいながらもさわやかなフレーバーを際立たせています。 アブサン愛好家のブライアン フェルナルドが マサチューセッツの禁止前のアブサンを調査している時 バタフライアブサンに出会い、 当時のサンプルやレシピを入手する機会に恵まれ、 この復活プロジェクトを開始することにしました。 ブライアンが愛好している、クランディスティンアブサンで有名な アルテミシア蒸溜所のクロード アラン ブニョン氏は このプロジェクトに興味を持ちこのレシピのアブサンを つくることに合意、2010年の夏発売が実現しました。 オフィシャルHP http://www.butterflyabsinthe.com/ リコリス由来の甘みがあるユニークな味のアブサンです。 砂糖なしの水割りがおすすめです。 恵比寿 Bar Tramチームはいち早く 2010年6月スイスのアブサンフェスティバルの際、 ブニョンさんの蒸溜所にて プロトタイプを試飲させてもらいました。 I)Bar Tram & TRENCH ...